医師の方に超おすすめ(*^^*)!ポイントサイトやアンケートサイトの徹底解説はこちらからどうぞ!!

最新!【シンガポール航空 スイートクラス】SQスイート搭乗記!ダブルベッドにもなる凄すぎるファーストクラスとは!?機内食、アメニティ、座席、ベッドなど紹介!マイルで搭乗!

シンガポール航空スイートクラス

先日、ついに世界の航空会社ランキング第1位のファーストクラスであるシンガポール航空の新型スイートクラスに搭乗してきました!!!(2023年スカイトラックス社で受賞)

Singapore Airlines wins the award for the World’s Best First Class 2023

ちなみに、シンガポール航空は2023年のベストエアライン賞も受賞しているんですよ!
World’s Top 10 Airlines of 2023

シンガポール航空の「スイートクラス」は通称「SQスイート」と言われており、「ファーストクラス」のさらに上をいくファーストクラス!
「SQスイート」は、A380という2階建ての飛行機のみに設置されています。

その中でも、機材により旧型スイートクラスと新型スイートクラスがあり、新型スイートクラスの路線は限られた路線のみとなっています。日本路線では、成田ーシンガポール間でも便により運航しています。

まさに、空飛ぶホテルという名にふさわしい、本当に広々と凄すぎる!!ファーストクラスですので、ぜひお楽しみ頂けますと幸いです!!

シンガポール航空スイートクラス「SQスイート」へ搭乗!

今回搭乗したのは、シンガポールからインドのデリーまでの路線です!
こちらの路線を選んだのは、比較的空席が多くマイル発券しやすかったこと、インドのタージマハルを一生に一度は見たかったからです。
シンガポール航空のマイル(クリスフライヤーマイル)98000マイルを利用しました。

シンガポール航空はANAやJALと異なり、燃油サーチャージがないので、マイルさえあればお得に搭乗することができます!燃油サーチャージが高い現在ではその価格差は大きいですよね!

そして、シンガポール発ですと、チャンギ国際空港にある特別なファーストクラスラウンジである「プライベートラウンジ」も利用ができるんですよ!プライベートラウンジについては別の記事でご紹介したいと思います。

 

それでは、シンガポール航空の2階建て飛行機A380の機内へと搭乗しましょう!ファーストクラスは2階から搭乗します!

ついにスイートクラスの座席へ!!ワクワクする瞬間です!
男性の添乗員さんに案内されて席へと向かいます。

新型スイートクラスの座席数はわずか6席。
一列に2座席のみ(1-1の配列)という贅沢な配置です!

ひとりの乗客にどれほど広い空間があてがわれているか、お分かりになるかと思います。

中央の通路からは、壁しか見えませんね!
左右の各座席はドアを開閉することで個室となり、プライバシーが保たれます。

スポンサーリンク

 

座席!!

そして、ついに座席へ!!今回は1Fの座席を指定しました(右側最前列)。

座席!?というより、完全な「部屋」ですよね!!

こちらが、シンガポール航空の最上級ファーストクラスである「SQスイート」です!!
まるで社長室のような書斎のような、上品で豪華な空間!
本当に機内かと疑ってしまうような「個室の空間」です。

こちらが前方から見たところです。
立派な頑丈な革張りのシート!

そして、モニターは前方の小さなモニター以外にも、横側に大きな可動式モニター、そして、ポータブルのモニターと3種類のモニターがあります。

そして、座席の方向は電動で変えられます。

正面方向のほか、大きなモニターに向いた横方向、窓への方向、そして、後部座席の方向です。

こちらが後部座席の方向へ向いた写真です!

なぜ、後部座席へ向く必要があるかと言うと、たとえば夫婦で前後の座席を指定した場合、仕切りを取り外すことで大きなひとつの部屋に作り替えることができるからです!

こちらは座席がモニター画面に向いた写真。
モニターは正面の小さいものだけでなく、通路側に角度は変えられる大きなモニターがあります。

そして、このモニターは窓際に設置された取り外しできるタブレットで操作が可能です。
ファーストクラスのシートは迫力のあるシアターに早変わりします。

ドアは開閉ができるので、プライベートが保たれます!

ただし、こちらの窓のデザインの微妙な隙間から、添乗員さんがときどき様子を伺いに覗いているので目が合いドキッとすることも笑。

収納ケースも大きく、ハンガーもあります。
小さなスーツケースであればこちらに収納可能です。

そして、窓際には、小物類を収納できるスペースや、電源、USBポートなどがあります。

スポンサーリンク

 

アメニティとパジャマ、スリッパ

アメニティとルームウェアは、LALIQUEというブランドのもの。
こちらは女性用で、お持ち帰りができます。

アメニティには、香水、ハンドクリーム、リップクリームなどが。
上品で可愛らしいので、女性ならば嬉しくなるでしょう!

アメニティの写真を撮っていましたら、ビジネスクラスのアメニティまでいただきました。
どうもありがとうございます(*^_^*)!
こちらはPENHALIGONの落ち着いた色のポーチに、ハンドクリーム、リップクリームなどが入っていました。

内部もオシャレで、嵩張らず使いやすそうです!

こちらは靴下、スリッパ、アイマスクなど。

スポンサーリンク

洗面台・トイレは超広々!

ファーストクラス専用の洗面台とトイレは超広々!前方に2つ設置されています。

こちらは座席前方スペースの写真です。
A380は2階建て飛行機で、ファーストクラスは2階の先頭にあります。
こちらから下の階に下りるとエコノミークラスになります。

写真の左右のドアの向こうには大きな洗面スペースがあるんですよ!

それがこちら!!こちらは向かって右側の方で、左側よりも大きなスペースとなっています。

これが機内!?とは思えないほど広い空間ですよね。

化粧台、洗面台、トイレが設置されています。

こちらは大きな洗面台。引き出しには簡単なアメニティが用意されています。

こちらが洗面台です。

アメニティは自由に使用できます。歯ブラシやくし、髭剃りやサニタリーナプキンなどがありました。

ファーストクラスの乗客が一人使用するごとに清掃してくれるので、いつでもとても綺麗でした(*^^*)!

スポンサーリンク

ダブルベッドが登場!!

シンガポール航空スイートクラスでは、部屋の中にベッドを設置できます。

通常、ファーストクラスやビジネスクラスは座席をリクライニングすることでベッドの代わりにしますが、座席の他にベッドを作れるのは珍しいですよね!

しかも、前方2席の部屋を仕切りを取ってつなげた場合には、なんと、ダブルベッドになります!
夫婦やカップルなどで搭乗した際にはつなげて設置してくれますよ。
機内にベッドルームが登場するなんて、なんだか夢のようですよね!!
さすが、世界ランキング1位のファーストクラスです!

こちらが一席だけの場合の写真です。
なんといっても、機内で横2列のみ(1-1の配列)の座席ですから、これでも十分に広い座席です!

今回は、運よく私の後部座席の方が来なかったので、シンガポール航空の添乗員さんのご厚意により、後部座席のベッドもつなげて使わせていただけました!
(実は、途中で私の前方の座席の調子が悪く方向転換が出来ず、直す間に後方座席に移動するように言われていたので、そのような経緯もありダブルベッドを作って頂きました。)

前方2席の間のこちらの仕切り。取り外すことが可能です。

こちらが仕切りを外したところ!!
座席は方向を回転することができるので、一緒の空間で会話や食事が可能です!
私の反対列のご夫婦は仲良く前後の席で夫婦で向き合って、大きなスペースで優雅にシャンパンを飲みながらフライトを楽しんでいましたよ!

前方から見た写真です。

機内食の提供が終わると、この仕切りの部分から引き出してベッドを作ってもらえます!

そして、このように前後2席の場合にはなんと2つのベッドをつなげて、ダブルベッドにできます!

こちらが完成したダブルベッド!!
まるでホテルの一室のようですよね!

窓からは空の上の景色。
これが機内だなんて。信じられませんでした!
ベッドに横になって映画を見たり、座席に座って紅茶やシャンパンを楽しんだり、乗客は自由に過ごせます。

ちなみに、ベッドはこのようにつながっているので、中央の仕切りの部分が背中に当たるとやや痛いです(笑)

ベッドからみたモニター
左右2つのモニターは別々のチャンネルでも同じものでも、フライト情報でも好きなように操作できます!

機内食

こちらがスイートクラスのメニューです!
シンガポール航空のファーストクラスでは、こちらのメニュー以外にも、「ブックザクック」というシステムがあり、事前に特別な料理を注文しておくことも出来ます!
ブックザクックのメニューはこちら!

ブックザクックでは人気のロブスター料理など豪華な機内食をオーダーできるのですが、ファーストクラスだけの特別なメニューがあまりないため、今回はせっかくファーストクラスに搭乗したので、「インフライトメニュー」から機内食を選択することにしました!

メイン料理はいくつかから選べましたが、私は今回はシンガポール料理を選択しました。
今回はデリーへの路線だったため、インド料理のフルコースメニューもありました(かなりスパイシーとのこと)。

まずは、アミューズとしてシンガポール航空で人気のサテーが提供されます!

串焼きの鶏肉に玉ねぎやスパイシーなピーナッツソースをつけていただきます。

テーブルクロスが引かれて、豪華な食卓に!高級レストランのようです!

このあと、前菜、メイン料理とつづきます!

前菜はロブスターのサラダ!
下に敷かれているリンゴとごぼうのシャキシャキがアクセントになり美味しいです。

ガーリックトーストやパンは温められており、温かくフワフワでした!
インド路線なので、インドのチャパティなどもありました。

大きなモニターを見ながらの機内食!
機内とは思えない贅沢な空間でした!

マッシュルームのスープ

メインはせっかくなのでシンガポール料理の豚肉とキノコのヌードルにしました!!
具沢山でボリューム満点でした。
一番の名物はブックザクックで注文できる「ロブスターテルミドール」というメニュー(ビジネスクラス、ファーストクラス共通)なので、次回はこちらも食べてみたいと思います!

デザートは、アプリコットのタルトとバニラアイス、ベリー添え
ベリーがたっぷりで酸味が美味しかったです!

まさしく空飛ぶホテルの名にふさわしい、シンガポール航空の新型スイートクラス「SQスイート」!!
座席ももちろんでしたが、接客も素晴らしく、さすが世界一位に輝いたファーストクラスとだと思いました!

これだけのことができるのは、A380という二階建ての大型飛行機であることもあるでしょう。
例えば、エミレーツ航空のA380も豪華なファーストクラスを備えておりますし、エティハド航空のA380もアパートメントという広い個室型のファーストクラスを備えています。
コロナ後からは、燃費のわるい大型のA380飛行機は削減する傾向にありますが、いつまでも夢の飛行機は続いて欲しいと願っています!!

ほかにも、ファーストクラスの記事を書いておりますので、ぜひご覧下さいね(*^^*)!!

JALファーストクラス 【JALファーストクラス】国際線!搭乗記。座席、アメニティ、パジャマなど!ロサンゼルスから羽田まで。
JALファーストクラス!年明けには最新のファーストクラスがいよいよ登場します!楽しみですね。
【ANA 新型ファーストクラス】THE SUITE!ロンドン行き。座席(シート)、機内食、アメニティ、設備などまとめ(*^▽^*)!!
ANAファーストクラス「THE SUITE」素晴らしい接客に美味しすぎる機内食。
ファーストクラスの機内食ナンバーワンは私の中では断トツにANAです!
【JAL ファーストクラス 国際線】機内食!!和食は豪華食材の懐石料理が食べられる!!ロサンゼルス発羽田空港着。
超凄い!!【エミレーツ 新型ファーストクラス】B777 ゲームチェンジャー搭乗記!機内食、座席、アメニティ、飲み物、JALマイルで搭乗!
エミレーツ最新のファーストクラス「ゲームチェンジャー」!これほど煌びやかでエンターティメントが充実しているファーストクラスはないでしょう!さすがエミレーツ!
【ブリティッシュエアウェイズ・ファーストクラス】BA搭乗記!ヒースロー発 ボーイング787-9ドリームライナー!座席、機内食やアメニティやパジャマなど!
【ブリティッシュエアウェイズ・ファーストクラスラウンジ】ヒースロー空港【コンコルドルーム】と【BAファーストクラスラウンジ】料理、スナック、シャワー、仮眠室、カバナなど!!