医師の方に超おすすめ(*^^*)!ポイントサイトやアンケートサイトの徹底解説はこちらからどうぞ!!

【保存版】ロストバゲージ対策の基本&応用編!!受託手荷物タグ(バゲージクレームタグ)の見方!手荷物紛失報告書、手荷物検索サービス Worldtracerの利用方法など!

皆さんは飛行機への預け荷物をロストバゲージしたことはありますか?
預けたはずの荷物がターンテーブルで出てこないととても不安になりますよね。

私はこれまで2度ロストバゲージにあったことがありますが、一度は3日ほど、2回目は1週間ほどで戻ってきました。ロストバゲージとなっても、多くの預け荷物は見つかり返ってくることが多いようですよ。

今回は、「ロストバゲージ対策」について書きます!
ぜひ参考に、いざというときに備えて対策してくださいね!

ロストバゲージ対策

①受託手荷物タグ(バゲージクレームタグ、手荷物合符)を無くさない!

受託手荷物タグは、チェックイン時に荷物を預けた時に貰える札(シール)のようなものです。

よく、航空券の裏などに貼ってありますよね!
こちらのタグは受託手荷物の個数分貰えます。
こちらには荷物の行先(空港)や航空会社ごとの荷物の整理番号などが記入してあり、とても重要です!

ロストバゲージした際には、こちらのタグに記入されている番号を元に荷物を照合しますので、とても大切です!!

受託手荷物タグを見てみましょう!

受託手荷物タグ(バゲージクレームタグ)の読み方

ANAの例
・一番上に名前
・PNRから始まる予約番号
・BAGの数(上記では6個)
・日付、行先、便名
(上記では、ヒースロー空港LHRから羽田空港HNDまで NH212便 8月28日)
・一番下のNH数字6桁(荷物の数だけ番号あり)

NH(ANAの航空会社コード)+数字6桁が、受託手荷物の番号となります!!

もう一例見ておきましょう!

こちらはブリティッシュエアウェイズの例

今回も一番下にBA(ブリティッシュエアウェイズの航空会社コード)+数字6桁の荷物番号が記載されています。こちらが荷物を探す際に重要となってきます。
上記の場合には、乗り継ぎ便でしたので、便名が2つ記載されています。
具体的にはヒースロー空港LHRからBA便でサンノゼ空港SJCまで、
乗り継ぎの上、AS便(アラスカ航空)でロサンゼルス空港LAXに行く便となります。

上記のように、米国までは国際線+米国国内線(例えば日本→ロサンゼルス→ニューヨークなど)の場合には、受託手荷物タグに最終目的地(空港)の記載があったとしても、必ず最初の米国入国時に受託手荷物の引き取り&再度預けるが必要になるので注意しましょう!!

②荷物の写真を撮っておく!

私は、必ず荷物を預ける際に、スーツケースの写真を撮っています!

スーツケースの大きさ、材質、ベルト、スーツケースの見えるところに名前が記入されているか、などは、ロストバゲージした際に質問される内容で、実際に探すときにも登録し、手がかりになります。
ロストバゲージした際には、預けた荷物の写真を係員に見せると、情報が伝わりやすいです!!

こちらは、World tracer system(世界中の手荷物を探すシステム)です。
実際に、ロストバゲージした荷物を探す際には、下記の様に登録しています。

荷物の形状や材質などは、口頭で伝えるよりも、写真を見せて適切なものを登録してもらった方が正確な情報となるでしょう!
EDITで自分で荷物の情報を変更することも可能でした!

参考までに、上記写真は私の受託手荷物なのですが、、(^▽^;)
ひとつ目は一般的な大きめのスーツケース。ベルトが付いており、私の名前タグがありました。
ふたつ目はビニール製の簡易バッグ。名前をマジックで書いてあったので、それも登録してもらいました。
スーツケースに名前タグを付けるのは間違い防止にも重要ですね!

③Air Tagをスーツケースの中に入れておく!

みなさんは、話題のAirtagをご存じですか!?

AppleのAirTagは今や「大切なものの紛失、迷子防止」としてとても人気のスマートトラッカー(小型のGPS)です!!

iPhoneの「探す」アプリと連動することで、海外でも国内でもAirtagの位置を調べることが出来ます。

AppleのAirTag

一度購入してしまえば、通信料や月額などはかかりません!
電池も1年半以上もつので、大変便利(*^^*)!

私はAirtagを何個も保持しており、預けるすべてのスーツケースの中に入れたり、海外で迷子防止に子どもに持たせたりしています!

実は、先日、ロストバゲージしたのですが、どこにスーツケースがあるか分かったために、大変役立ちました。
(ただし、航空会社によっては、スーツケース内にAirtagを入れられない場合もありますのでご注意下さい)

こちらがiPhone「探す」で実際に私のスーツケースの位置を探した時のスクリーンショットです。
クマ(黒いキーチェーンに付けていたので、名称をくろにしています)のアイコンが私のスーツケースの中にあるAirtagの位置です。

ロサンゼルス空港LAXのターミナルBに私のスーツケースがあることが分かります!

荷物が見つかり、JAL便で日本まで届けて下さいました!!うさぎのマークは自宅にあるAirtagの位置です。

スーツケースが羽田空港に到着!!この後、クロネコヤマトで自宅までスーツケースが届けられました。JALには本当に感謝!!

この時は、郵送代は羽田から自宅までの数千円でした。
数年前にタブレット端末をオーランドで紛失した際には、UPSで届けられましたがもっと高かったです。
海外空港でタブレット(荷物)を紛失したときにやるべきこと!!北米の空港で1か月以上前に無くしたタブレット(荷物)が発見!日本に帰って来ました!
海外で紛失したタブレットを届けてもらった時の記事です。
参考までにリンクを貼っておきますね。

④乗り継ぎの際に、スルーバゲッジが可能か必ず確認する!

ロストバゲージが起こりやすい場合の一つが乗り継ぎを伴う航空券の場合です!

心配な場合には、チェックインカウンターで、必ず乗り継ぎの空港でスルーバゲッジできるか、または、スーツケースの引きとり&預けなおしが必要か聞いておきましょう。

なお上述しましたが、米国に日本含む海外から入国し、国内線に乗り継ぐ場合には、必ず、荷物を一度引き取り、預けなおしが必要です!!

⑤ロストバゲージした際には、すぐにバゲージクレームで報告書を作成してもらう!(Baggage Service)

最終目的地(空港)にて、預けたはずの荷物が出てこなかった場合には、必ずその場や近くにあるバゲージクレーム搭乗した航空会社のカウンターで、手荷物紛失報告書(PIR)を作成してもらいましょう!

MEMO
手荷物紛失報告書(PIR)参照番号は、世界規模の手荷物位置情報システムを介して遅延または破損した手荷物の状況を追跡できるようにするファイルに関連したコードです。

PIRを作成して登録してもらうことで、Worldtracer(世界規模の手荷物位置情報システム)を介して遅延または破損した手荷物の状況を追跡できるようになります!!

Worldtracerについては、下記に記載しますのでぜひご覧ください(*^^*)!!

PIRは、海外旅行保険を請求する際にも必要となってくるケースが多いので、必ず作成してもらうようにしましょう!

⑥海外旅行保険の手荷物遅延を請求する!

航空機寄託手荷物遅延保証が付いている旅行保険である場合には、手荷物が出てこなかった際に、現地で必要になったものを請求できる場合があります!

私は学生自体に、エアチャイナを利用し、シャルルドゴール空港でスーツケースをロストバゲージ(3日後に届けられたのでディレイドバゲージ)したのですが、その際に現地で必要な衣類や化粧品など購入し、10万円分まで補償されました。(損保ジャパン)
化粧品などはデパートで購入したランコムやシュウウエムラなどでしたが特に問題なく補償されました。

ロストバゲージした際には、海外旅行保険に連絡し、購入した物品などがあればレシート類は取っておきましょう!

スポンサーリンク

 

World tracer ワールドトレーサーとは!!

最後に、世界的な手荷物検索システムであるWorld tracerについてご紹介致します。
ロストバゲージした際には、まずは、受託手荷物タグを元に、バゲージクレームや利用した航空会社経由で手荷物紛失報告書PIR(世界規模の手荷物位置情報システムを介して遅延または破損した手荷物の状況を追跡できるようにするファイルに関連したコード)を作成してもらいます。

羽田空港 JAL 手荷物紛失サービス

参考までに!!
こちらは、羽田空港のJAL便利用の場合の案内です。

JAL 羽田空港 手荷物サービスセンター
手荷物未着・破損窓口 Lost Baggage and Damaged Baggage

03-5757-7712

照会番号は、受託手荷物タグの番号です!

PIR番号が作成できたら、該当する航空会社のシステムで、自分の手荷物を検索することが可能です!

こちらが、JALの手荷物検索サービス(World tracer)の画面です!
https://www.jal.co.jp/jp/ja/inter/baggage/search/

File referenceに番号、NAMEに自分の名前を入力すると、受託手荷物の情報が検索できます!!

羽田空港でJAL便で到着時にPIRを作成した場合には、「HNDJL+数字5桁」でした。

Delayed Bag Statusの部位に、手荷物の現在の状況が表示されています。
上記写真の場合には、ITEM LOCATED. で、実際に荷物が見つかった際のスクリーンショットです!

TRACING CONTINUES. PLEASE CHECK BACK LATER.

引き続きお手荷物を捜索しております。

ITEM LOCATED. AIRLINE IS CONFIRMING.

お客さまのお手荷物と思われるものがございます。現在、弊社にて確認しております。

RECEIVED AT AIRPORT.

お手荷物はお申し出いただいた空港に到着しています。

DELIVERY PROCESS INITIATED.

配送手続きを行っております。

RECEIVED AT AIRPORT / DELIVERY PROCESS INITIATED.

お手荷物はお申し出いただいた空港に到着しており、配送手続きを行っております。

こちらのページには、荷物に関する情報を登録する部位もあります。
スーツケースの大きさ、材質、ベルト、スーツケースの見えるところに名前が記入されているかなど 空港で申請した時の情報が入力されています。

荷物を早く見つけるためには、Airtagで荷物の場所がわかるのも安心しますが、

「荷物の写真を撮っておくで、空港で正しく荷物情報を伝えられる」
「分かりやすいベルトを付ける」
「名前タグを付ける」
などが重要ですね!!

ロストバゲージはしないに越したことはありませんが、もしいざという時には、落ち着いて、バゲッジクレームや航空会社のカウンターですぐに登録をしてもらって下さいね!!みなさんのお役にたてたら嬉しいです!!

2023年最新!【マリオット・シェラトン・リッツカールトン・ルネッサンス・ウェステイン・セントレジスなど】ポイントでマリオット系列ホテルにお得に無料で宿泊&マイルで無料に飛行機に乗りましよう!上級会員になりお得なテクニックなども解説します!
【マリオットプラチナエリート】クラブラウンジを使いたい!朝食無料にしたい!ホテルを楽しみたいならプラチナがお得!!メリットや方法などを解説!!
スターアライアンス世界一周旅行!ダイジェスト版~前編~途中の日程変更で臨機応変に。私が心がけたこと。
海外空港でタブレット(荷物)を紛失したときにやるべきこと!!北米の空港で1か月以上前に無くしたタブレット(荷物)が発見!日本に帰って来ました!