高級ホテルにお得に宿泊しよう!SPGアメックス

スターアライアンス世界一周旅行!ダイジェスト版~中編~TAPポルトガル航空ビジネスでリスボンとポルトへ!

スターアライアンス世界一周航空券旅行記

前回は、スターアライアンス世界一周航空券の前半部分までのダイジェスト&旅行記をお伝えしました(*^^*)!

前回の記事は以下からご覧ください!

スターアライアンス世界一周旅行!ダイジェスト版~前編~途中の日程変更で臨機応変に。私が心がけたこと。

今回はボローニャからTAPポルトガル航空ビジネスでリスボンへ!リスボンとポルトは素晴らしい街並みでした!ポルトからは再びTAPポルトガル航空エコノミーでルクセンブルクへ。2回目のフライト日程の変更をしたために、ギリギリ大西洋横断のフライトに間に合いました。

世界一周航空券(スターアライアンス)

前回の記事にも記載しましたが、今回の世界一周航空券のルートは以下の通りです(*^^*)

(別の交通手段で移動)

(別の交通手段で移動)

前回の記事でも触れましたが、
上記の「イスタンブール-ボローニャ」と「ボローニャーリスボン」のフライト日程を変更。
ボローニャでは乗り継ぎのみとし、イスタンブールから同日にリスボンまで行くことにしました!

スポンサーリンク

 

⑦ボローニャBLQ-リスボンLIS TAPポルトガル航空 TP871 A320 ビジネス

 

ボローニャ空港は小さな空港なので、免税店やカフェなどはあるもののあまり時間をつぶすような場所はありませんでした(^^;

イタリアで有名なVenciのショップがありました。もうすぐイースターなのでウサギのチョコレートが沢山並んでいますね(*^^*)!

搭乗時間になり、ビジネスクラスだったので、PREMIUM BOARINGの列に並びました!

TAPポルトガルの欧州内ビジネスクラスは、エコノミーと全く同じ座席で、最前列2列がビジネスの設定でした。

中央座席は空席ですが、この日は私を含めてビジネス客が2人だけだったので、かなり広々と利用できました(*^^*)!2列貸し切りです。

ビジネスとエコノミーの境界はこちらもカーテンで仕切られています。

途中でエコノミーの乗客が前に入ってこようとすると止められていました。

短距離フライトでしたが食事が出ました。こちらは昼食メニュー。
チキンにオレンジが乗っています。コールドミールです。

ポルトガルらしく、エッグタルトもありますね!
こちらのエッグタルトは冷えていて、そんなに美味しいわけではなかったです(^^;)
リスボンの街中で食べるエッグタルトの方が数段美味しいです(*^^*)!

また、フルーツもあまり美味しくはなく・・直前に搭乗したターキッシュエアラインズの短距離路線の方が全然美味しかったです!
(ターキッシュではモニター代わりにタブレットも配布されました!)

 

そして、リスボン空港へ到着。

 

 

私の旅行当時、ポルトガルでは新型コロナウィルス感染者はいなかったためか、日本人観光客も含めて多くの観光客で賑わっており、
全く問題なく観光することが出来ました(*^^*)!

 

リスボン空港から市内へ

リスボン空港に到着後は、メトロで市内へ!
リスボンもポルトもメトロが簡単で分かりやすいのでおすすめです。
欧州のメトロや鉄道は、日本のメトロと比べるとはるかにシンプルで簡単です!

私の場合には、観光の中心地であるバイシャシアードとロシオ駅周辺だったので、そこまでメトロで行きました。

具体的には、空港aeroportから、レッドラインでアラメダ駅Alamedaまで行き、グリーンラインに乗り換えて、バイシャシアードもしくはロシオ駅まで行きます。
いずれの駅もエレベーターがあるのでスーツケースがあっても問題ありません。
参考:リスボン空港から市内へ
(↑旅とアロマ様のブログ、とても分かりやすかったです(*^^*)!)
クレジットカードはアメックスが利用できない場合が多いのでVISAかMASTERで購入しましょう!

それから、ポルトガル旅行予定の方へ!
今回のリスボン、ポルト旅行で、地球の歩き方aruco ポルトガルが超役立ったので、今後行く予定の方はぜひ購入をお勧めします(*^^*)!
リスボンから日帰りで行ける街の紹介なども充実していましたよ~。

リスボンの街並み

こちらは、「サンタジュスタのエレベーター」からのリスボンの街並みです(*^▽^*)!

エレベーターって何のこと!?と思うかと思いますが、後程エレベーターの正体も載せますね!

丘の上に建つオレンジ色や赤色の屋根の街並みが可愛いですよね!

港に近いので、カモメも沢山飛んでいました。

港町と聞くと、他の欧州では治安が悪いイメージもありますが、リスボンに関しては、全く問題ありませんでした。

このサンタジュスタのエレベーター、乗り場はこんな感じになってます!

 

サンタジュスタのエレベーターはリスボンの名所であり、一度に少人数しか乗れないので結構並びます!
時間に余裕を持って、かつ、天気の良い日に行ってみて下さい!

 

エレベーターは、他のインフォメーションセンターで購入したリスボンカードでも入れますし、その場で入場料を支払ってもOKです。

エレベーターの正体は・・・!?

こんな感じのエレベーターが街の中心部にあります。


中は歴史を感じる古いエレベーターです!
落ちないかちょっと不安ですよね(^▽^;)

先ほどの写真のように、眺めは最高に良いので、ぜひぜひ登ってみて下さいね!



リスボンの本場エッグタルトは美味しい!!

ポルトガルでは、ほぼ毎日エッグタルトを食べました!
ブログのネタのため・・という口実で・・(笑)

 

私は、下の写真のエッグタルトが一番美味しかったです!!
超ド定番なのですが、パステイスデベレンという、エッグタルトの老舗です。
おそらくどこのガイドブックにも載っています。

エッグタルトは1つどこも大抵1ユーロから1.5ユーロと手ごろな価格の上、
焼き立てはザクッ、とろーりで本当に美味しい(*^^*)!

お店によっても結構味が違うので、食べ比べると面白いです!

スポンサーリンク

 

リスボンから1時間ほどのショートトリップ!

リスボンからは1時間ほどで魅力的な街への小旅行が楽しめます!
今回は、リスボンから「オビドス」という街と、「シントラとロカ岬」に行ってきました!

 

一番の定番は「シントラ」ですが、急いで周ればその先にあるユーラシア大陸最西端の「ロカ岬」にも同日に行くことが出来ます!

 

リスボンからオビドスへ

リスボンのカンポグランデ駅からバスで1時間ほどで着きます!
アクセス方法については、以下のサイトを参考にしました(*^^*)
参照:オビドスへの行き方!


オビドスへのバスでたまたま出会った日本人女性の方に誘われて、一緒に観光することになりました(*^^*)!

ちなみに、もし、リスボンの滞在日数が足りなくて、「シントラ」と「オビドス」どちらに行くか迷っている場合には、「シントラ」をお勧めします!

オビドスも可愛くて趣のある町ですが、「シントラ」の方が見所も多いので楽しめると思います。

城壁の入り口には美しいアズレージョがありました(*^^*)!

オビドスの魅力は、田園の風景の中に、城壁に囲まれたどことなく寂れた街並みが広がっていること。
2,3時間もあれば、街の多くは歩けてしまうでしょう。

迷路のような可愛い街並みなので、散策がとても楽しいです(*^▽^*)

城壁に登ることも出来ますが、手すりがないので結構怖い(^▽^;)!

城壁からは見晴らしがとても良いのですが、雨が降っていたら滑ってしまいそうです!
ドブロブニクの城壁を少し思い出します!(もちろんドブロブニクの方が全然規模は大きいです!)

城壁の外側にも街があり、日曜日だったので教会のミサに参加した子供たちが歩いていました(*^^*)

入ってみると内部が図書館になっている可愛い教会もありましたよ!

ランチは地元の人気のレストラン、Tasca torta へ!

こちらは1人1200~1400円程度でボリュームたっぷりで美味しい料理が食べられるのでとてもおすすめです(*^^*)!

ふっくらしたお魚(右側)と、塩気のきいたほうれん草とひよこ豆のソテー(左側)!

ボリュームたっぷりのステーキ
付け合わせのライスとポテトが美味しい(*^^*)
ボリュームたっぷりですが、1300円程でしたよ。

シェアして食べましたが、どちらも美味しいです、オビドスに来た時にはぜひこちらのレストランへ(*^^*)!!

オビドスの街では、ジンジャと呼ばれるチェリーのお酒が有名で、チョコレートのカップに入れて飲みます!どこも1ユーロで店頭で飲めるので、何店舗かで飲み歩きが出来ます。
これが甘くて美味しいので、お土産に買いました(*^^*)!

フルーツたっぷりのサングリアもビックサイズで3.5ユーロでした!
ポルトガルは全体的に欧州の中でも物価が安くて良いですね~。

帰りも同じバスでリスボンまで帰りました。

リスボンには市電の他に、ケーブルカーが何種類もあるんですよ(*^^*)

坂道が本当に多いので、スニーカーやウォーキングシューズが必須です!


夜はリスボンで一番大きな「リベイラ市場」へ!
市場と言っても、大きなフードコートと言った感じです。

美味しい魚介類のお店が沢山揃っていて、観光客や地元客がビールを片手に賑わっていました。

ホタテのバター焼きとイカスミのリゾット(歯が真っ黒になります(^▽^;))

タラとほうれん草のソテー(ポルトガルでは、タラ=バカリャウが有名です)

夕食はオドビスで友達になった方と一緒にシェアしました!福岡出身の彼女は優しくて気の利く方で、酔うと福岡弁のトークが炸裂していました笑。彼女は翌々日には帰国ということで翌日の夕食も誘ってくれましたが、翌日はロカ岬で夕陽を見ようと思っていたので残念ながら別々になりました!

 

シントラとロカ岬へ

翌日はシントラとロカ岬へ!
シントラとロカ岬へ行く場合には、リスボンのロシオ駅で
シントラ周遊パス(Bihete Train & Bus) 
約15.8ユーロを買っておくと便利です!

シントラへの行き方については以下のサイトが参考になりました!
参考:シントラ、ロカ岬へ観光
一度シントラへ行って観光してから、バスでロカ岬へと向かいます。

ただし、ロカ岬へ行くのが遅くなってしまうと、帰りのバスがなくなってしまうので、遅くともシントラからロカ岬へは午後4時には向かった方が安心です。

 

まずはシントラへ!落書きだらけの電車に乗り込みます(^▽^;)

こちらのシントラ線はスリが多いとの噂でしたが、特に日中の時間帯は治安が悪いとは感じませんでした。

でも、帰りの夜6~7時頃のシントラ線に関しては、人も少なくて少々怖かったです(^▽^;)夜間のシントラ線は注意して下さい!

 

 

シントラには、見所が沢山ありました!
・ペーナ宮殿←黄色で可愛い宮殿、内部は写真禁止。
・ムーアの城壁←ペーナ宮殿の近く、城壁を歩く。
・シントラ王宮←シントラの中心部にある。他の見所より空いている。(他よりは人気がない?)
・レガレイラ宮殿←庭園や建物が迷路や洞窟見たいでRPGに似ていると言われている。

 

 

上記はシャトルバスで移動することができます。(シントラ周遊パスで無料)

私は、上記のうち、時間の都合上、ペーナ宮殿とレガレイラ宮殿に行きました!(*^^*)
どちらも丘の上にあるので、坂道を結構歩きます。

ペーナ宮殿の後は、シャトルバスと徒歩で、ドラクエなどを連想させるRPGの世界観があることで人気のレガレイラ宮殿へ!

レガレイラ宮殿は庭園や建物が面白いので、小さい子供にもおすすめです!

面白い建物が広い庭園の中に点在していました。
でも、そこまで言うほどドラクエではないかな!?

この後は、シントラ駅へ戻り、ロカ岬へと向かいました!


ユーラシア大陸最西端のロカ岬へ

 

ロカ岬はユーラシア大陸最西端ということで、ぜひ見てみたいと思っていました!特に夕暮れは感動します!

ちなみに、私は今回シントラ+ロカ岬を同日に見ましたが、全ても観光しようとすると、時間が足りないと思います。(私はシントラは駆け足で周りました。)

ロカ岬へは、シントラ駅から403番のバスで40分ほどで着きます!
途中、地元の学生さんたちが乗ってきて満員になりました。
ロカ岬へ行く途中にある街並みも可愛くて、地元の人たちの家々が見れて楽しかったですよ(*^^*)!

ロカ岬へ到着すると、バス停のすぐ近くにあるこちらの建物で、
立派な「最西端到達証明書」を発行してもらえます!

 

ただし11ユーロするので、発行してもらっている人は少数しかいませんでした。
並ばずに、その場ですぐに名前と日付を記入して作成してくれました。

こちらからハガキを出すことも出来るようです。(切手はこちらでは買えず、別に用意する必要があります。)

夕陽になるまで、待ちます。
ロカ岬で夕陽を見ようと、だんだんと人が集まってきました。

多くの人はバスではなく、車で来るようです。
ちなみに、日本人は殆どいませんでした。

岬の石碑の周囲にはこのように柵が出来ています。
一面に広がる海。海風が強く、ひんやりと吹きます。

柵から先は、地平線まで広がる海。
ここが地図の最西端なんですね!なんとも不思議な気持ちです。

端の方まで行くと柵がなくなっており、こちらからも夕陽が見れました!

なんとも言えない美しい風景でした!!

本当は日が沈むまで見ていたかったのですが、早めに元来たバスに乗り込み、周囲より早めに再びシントラ駅へ。(帰りのバスは、カラカイス駅行きとシントラ駅行きのバスが来ます。)

夜になるとバスや電車の本数も少なくなり、リスボンへ到着する頃には真っ暗になるからです。シントラ駅からはリスボンまで電車で戻りました。充実した1日でした(*^^*)!


次は「リスボン」の北にある「ポルト」へ移動です!

ポルトはリスボンに比べると小さな街ではありますが、その街並みから観光客に大人気でリスボンとポルトはセットで訪れる人が多いようです。

リスボンからポルトへ!

リスボンからポルトへは電車で行きました!

チケットは事前にポルトガル鉄道公式サイトで購入しておきました。

参考:列車の予約と購入。リスボンからポルトまで
上記の旅とアロマ様の記事を参考にさせて頂きました(*^^*)!

ポルト行きの電車はホームの更に奥にある1番線から出ました。

少しですが階段があります。
重いスーツケースだと少々大変ですね(^^;)

車両は全体的に新しくて、各座席にマルチタイプの電源もありました。

電車の席は、車両の最後尾の1人の席にしておきました。
(写真は反対側の2人席です)
これが大正解で、一人の席の隣の空いたスペースにスーツケースを置けたので、スーツケース置き場に持ち上げることなく済みました(*^^*)!

私の実際の電車ルート(参考までに):
電車のチケットはサンタアポローニャ駅からカンパニャン駅まで購入。
サンタアポローニャ駅(リスボン)まではホテルからUBER(安い)
→カンパニャン駅で乗り換え
(San Bento行きの電車を探す、構内の機械でチケットを購入して有効化する、カンパニャン駅はホームが多いので、どの電車か分からなかったら、SanBento行きかどうか周囲の人に確認する。)
→San Bento駅で下車

「ポルト歴史地区」へ到着!
ポルトは魔女の宅急便の舞台になった街の一つです!
(ドブロブニクなどもそう言われているようです。)

リスボンと同じように可愛い街並みで、見所も沢山あります!

ただ、コンパクトな街なので、1~2泊でも中心部だけであれば周れてしまいます。
ハリーポッターのモデルとなった図書館や、世界一美しいマクドナルドもありました。

教会は美しく、見ごたえがあります!

ドンルイス一世橋からの眺め!

ドンルイス一世橋は、ポルト歴史地区と共に、世界遺産に登録されています。

この日は雨が降ったり止んだりでしたが、ちょうど夕暮れの時間帯に晴れ間がみれました。
カモメが沢山飛んでいます!

 

こちらは、セレドピラール修道院の丘の上からの写真。
美しい夜景をビデオ撮影している人も見られました!

ポルトを観光したあとは、次の国へ!

 

次は以前から行ってみたかったべネルクス三国の小さな一国、ルクセンブルクです!

ポルト空港 ANAラウンジ

ポルト空港にあるANAラウンジ
ANAと言っても全日空とはおそらく関係ないようです(^^;)

スターアライアンスゴールドやワンワールドサファイア、プライオリティパスなどで利用できます!

綺麗で混んでいなく、コンセントも十分あり良いラウンジでしたよ!

ポルト酒もあったので、飲んでみました!
お酒にはあまり詳しくありませんが、とても甘くて美味しかったです。

朝食を食べてなかったので、エッグタルトと合わせてブランチになりました!

スポンサーリンク

2回目の旅程変更 アメリカへの入国を早める。

ポルトガルや次に行く予定のルクセンブルクでは、当時は新型コロナ感染症の報告はなかったのですが、その頃より段々とドイツでの症例数が増えてきていました。

また、数日前(3/1)にアメリカが、中国本土とイランからの入国制限を発表し、韓国とイタリアへの渡航中止勧告を発表していたので、入国制限が増える前に、早めに米国へ入国した方がよいと判断しました。
(私はイタリアのボローニャ乗り継ぎで入国スタンプが押されていたため、例えばですが、今後14日以内にイタリアへ渡航していた人への入国制限がかかると困ると心配していました。)

そのため、フランクフルトでの滞在をやめて、1日早く米国へ入国することに変更しました。フランクフルトではその週に2年に1度のイベントがあり、多くの人が集まっていたので、感染も増えると予想もされました。

上記日程は変更前です。

ANAプラチナデスクへ電話し、フランクフルトを短時間乗り継ぎへと変更しました。
同日に、ブリュッセル→フランクフルト→アメリカ(ボストン)へ

ちょうどフライトの96時間前だったので、希望どおりに変更することが出来ました!

この時に変更していなければ後々に大西洋横断が出来なくなっていたので、変更しておいて本当に良かったと思います(^^;)
もっとすぐに渡米していても良かったのですが、提携特典航空券変更の場合、96時間前までに変更するルールでしたのでこの日程になりました。
後に搭乗したANAのCAさんにもギリギリのフライトで間に合ったので驚かれました・・。

スポンサーリンク

⑧ポルトOPO-ルクセンブルクLUX TAPポルトガル航空 TP686 A319 エコノミー

ポルトからルクセンブルクまでの航空券は、スタアラ世界一周航空券とは別に購入したチケットです。2時間25分のフライト。

運賃は105ユーロ+35ユーロ(extra baggage)でした。

私は約3週間前に購入しましたが、2か月以上前であれば60ユーロ程ともっと安かったです。
(ちなみに、スタアラゴールドであれば、受託手荷物のextra baggage料金は必要なかったかもしれません(^^;一応心配で付けてしまいましたが・・。
同じスターアライアンスでも航空会社ごとにスタアラゴールド特典の受託手荷物ルールは異なるので、心配な方はTAPポルトガルに確認して下さい。)

エコノミー席でしたが、隣が空席だったのでラクチンでした(*^^*)!

スナックとして、ポテトチップスかチョコチップクッキーが選べました。
殆どの乗客はチョコチップクッキーを選択していました。


お茶の入ったカップはポルトガルらしい絵柄で可愛かったです(*^^*)!

こうして、はじめてのルクセンブルクへ到着!!

ルクセンブルクではなんと2020年3月1日から全ての公共交通機関が無料になりました。到着するほんの数日前からだったのでラッキーでした。

ということで、空港からルクセンブルク中央駅までは無料でバスにのれました(*^^*)!
(参考:ルクセンブルク空港から市内へは16番バスで約20分、10分おきでした!)

後編へ続く・・


スターアライアンス世界一周旅行!ダイジェスト版~前編~途中の日程変更で臨機応変に。私が心がけたこと。ANAマイルでスターアライアンス世界一周航空券(ビジネスクラス)!発券して分かった注意点など!【カタール航空Qスイートはエレガントで機能的!】座席、アメニティ、Wi-Fiなど詳細レポート!前向きと後ろ向きはどちらが良い?QsuiteとANAのTHE ROOMはどちらが広い!?エミレーツ航空ファーストクラスをJALマイルで発券しよう(*^o^*)!A380とB777-300ER GameChanger!